投資マンションで収入を得よう|ポイントを押さえて投資する

つみき

一括借り上げという制度

お金

空き室があっても安心

賃貸マンションの経営を安全に導いてくれるのが一括借り上げです。賃貸マンションをまるごと不動産会社に借りてもらい、それをまた他人に貸し出すのが、一括借り上げといわれる制度です。一括借り上げをすることの大きなメリットが、家賃保証です。家賃保証とは、空き室が出ても家賃が保証されることです。人気がない賃貸マンションの場合、なかなか借りてくれる人が見つからないことがあります。しかし、一括借り上げをすれば家賃保証があるので、借り主がいなくても家賃が入ります。一括借り上げで保証される家賃は、通常の賃貸契約の家賃の80%〜90%が目安です。空き室ばかりの賃貸マンションでも、契約で示された家賃は最低限保証されます。

契約までの流れ

家賃保証目的に一括借り上げをするなら、契約の流れを知っておくと便利です。まず最初に賃貸マンションまるごと賃貸契約をしてくれる不動産会社を探します。そして賃貸借契約を締結します。契約期間は2年間が一般的で、必要に応じて契約更新ができます。賃貸借契約をすることで家賃保証が生まれ、マンションの部屋すべての借り主が不動産会社になります。そして借りた不動産会社が入居者を募集し、応募してきた人と賃貸借契約をします。このように一括借り上げをすると、同じ賃貸マンションで二回賃貸借契約が結ばれることになります。一回目の賃貸借契約がマスターリース契約で、二回目の賃貸借契約がサブリース契約です。マスターリース契約をしてしまえば、あとの手続きや管理はすべて不動産会社が主導でしてくれます。